☆通信大学生の日記☆

大学の通信学部で社会福祉を学ぶフリッパーの日記です。試写会、懸賞、プランター菜園や、気になる一冊など、内容盛り沢山♪ コメント・トラックバック大歓迎!リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

英語

CNN
スポンサーサイト
[ 2012/05/15 ] | | CM(0) | TB(0)

今は英語にはまってます

大学を卒業したんですが
私は根っからお勉強が好きなタイプみたい。

好きというか、勉強してないと安心できないというか。

今は英語を少しずつやっています。
多読という方法ですが、これはこれで面白いです。

あなたも夢に向かってお勉強中でしょうか?

子どもにも英語が好きな子に育って欲しいなと思います。

[PR]えいごであそぼプラネット
[ 2011/05/29 ] | FC2TBテーマ | CM(0) | TB(0)

卒業してました

しばらく更新していませんでしたが
なんとかかんとか

東北福祉大学総合福祉学部通信教育過程を卒業していました!!

最後の1年というか半年は本当にしんどかった。
レポートの締め切りに追われ。。。
というか、締め切り間際でないと書けず、1日に4本書いたこともありました。

本来なら不可になりそうな、まとまりのないレポートになったこともありましたが
事務局の圧力があったのかなかったのか(?)
厳しいと評判の先生方も、ボロクソにきついコメントを書きながら「可」をつけてくださいました。

卒業間際に東北大震災がおき
どうなることかと思っていました。

しかし、佐川急便であの卒業証書が届いたときには涙が出ました。

私みたいに
何で通信教育なんて始めちゃったんだろうって
当初の目標を忘れちゃったり、目標がなくなっちゃった人も
最後まで頑張ってほしいと思います。
最後までがんばるって経験が人生にとってプラスになるんじゃないかな?

と偉そうに言ってしまいました。

最後に。。
この本のおかげで卒業できたと言っても過言ではない本を紹介します。



制度が変わっていて使えない部分もありますが
やはりそれでも役に立つ本です。

試験前には概要がつかめます。
レポートでは、特に歴史(制度の変遷)などの要約では特に重宝します。
特別支援学校教諭などの科目をとってる人にはこちらもおすすめ!!

[ 2011/05/14 ] | 大学 | CM(0) | TB(0)

レポートで徹夜

久々に徹夜しました。
明日が科目修了試験の申し込み&レポートの締め切りですからね。
今日、最寄りの集配郵便局に持って行ってギリギリだったんです。
疲れたぁ。。

目のしたにクマちゃんいるお。

今年卒業を目指してたけど、厳しくなってきたかな。
なんて言うか、レポートのペースが遅くなってきた。
どうしても、得意分野から手を付けてたから、
残ってるレポートが苦手で、ネタに乏しい分野みたい。


福祉の分野は得意だけど、心理とか教育は苦手だってことが分かった。
作戦練り直して、ペース配分考えます。

福祉の分野はNHKの社会福祉セミナーのテキストが役に立ってるから、
心理や教育の入門雑誌でも買ってみようかな。

はぁ、卒業試験受けれるのいつだろう??
[ 2010/10/15 ] | 大学 | CM(0) | TB(0)

科目修了試験 不可通知

科目修了試験、先月うけたうち、1つ不合格でした。
しかも必修科目。
かなり自信あったのに。。

不可はこれが初めてじゃなく、
今までにもあったのですが、
前に不可だった試験は、先生が厳しいと評判だったので覚悟していたのです。
今回は、特に情報もなかったし手応えもあったので、
油断してました。。。

来月再試験受けてきます。
一緒に受ける人、頑張りましょうね。
[ 2010/10/09 ] | 大学 | CM(0) | TB(0)

使いやすい雑誌~NHK社会福祉セミナー

大学のレポートを一気に書き始めた。
今年中に卒業したいなぁと。。。

それで手頃で使いやすい参考文献があったので紹介ます!!

4149107521NHK社会福祉セミナー 2010 4月-7月 (NHKシリーズ)
日本放送協会
日本放送出版協会 2010-03

by G-Tools


本屋さんのNHKテキストコーナーにありました。
NHKラジオの「社会福祉セミナー」の4カ月分のテキストなのですが、このラジオのテーマが
4月 社会福祉入門
5月 福祉の仕事と担い手
6月 社会福祉の法律の制度
7月 社会福祉の歴史

となっていて、それぞれのテーマが簡潔にまとめられており、特に6,7月の分は複数の科目のレポートに活用できたんです。

他にも教育テレビ「福祉ネットワーク」やラジオ「ともに生きる」の放送抄録もあります。

こちらはニート、フリーターについての現場の声が対談形式でのっていました。
イギリスでの子ども支援についても特集されています。

「統合失調症からの回復」という記事もあり、早期発見・早期治療・リハビリテーションについてまとめてありました。

巻頭の「福祉の潮流」というコーナーでは最近の福祉施策の動向がまとめられていて、古い教科書で学ぶ私にとっては大助かりです。

これだけそろって720円という値段に舞い上がってしまい、ぜひお知らせしたい!!と思ったのです。。

次は7月21日に出るそうで、

8月 地域福祉の考え方
9月 子ども家庭の福祉
10月 高齢者の福祉
11月 障害者の福祉

と必修科目のタイトルか!?というようなお題が並んでいます。

ぜひ本屋さんに行ったらNHKのテキストコーナーも覗いてみてください。
ネットではバックナンバーも買えます。

NHK社会福祉セミナー
2009 4月-7月 (NHKシリーズ)

日本放送協会
4149107149

NHK社会福祉セミナー
2009 8月-11月 (NHKシリーズ)

日本放送協会
4149107157

NHK社会福祉セミナー
2009 12月-2010 3月 (NHKシリーズ)

日本放送協会
4149107165

4月 社会福祉とは
5月 高齢者の福祉
6月 子ども家庭の福祉
7月 障害者の福祉
特集 子どもの虐待と貧困
8月 社会福祉の歴史
9月 社会福祉の制度と費用
10月 地域福祉の役割
11月 社会福祉援助と担い手
特集 貧困高齢者の終の棲家はどこに 
12月 介護の役割と手法
1月 社会保障制度のしくみ
2月 福祉のためのボランティア
3月 社会福祉の国際化
特集 ありのままに 障害者の性
[ 2010/06/22 ] | | CM(0) | TB(0)

クーリエ・ジャポン 2月号


レビュープラス様より献本していただきました。
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 1月号 [雑誌] COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2009年 12月号 [雑誌] COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2009年 11月号 [雑誌] 週刊 ダイヤモンド 2010年 1/23号 [雑誌] [図説]なんでも無料化せよ! グーグル「脅威の未来地図」 (別冊宝島 1675 スタディー)
by G-Tools

です。

何度か献本していただく機会があったのですが、勝手に男性雑誌だと思って応募していなかったのです。
2月号を見て、後悔しました。
読み応えたっぷりの雑誌です。

以下クーリエ・ジャポン公式サイトから引用
------
国際ニュースのセレクトショップ

「世界のさまざまな話題を、各国の現地メディアはどう報じているのか」、そして「世界は日本をどう見ているのか」――クーリエ・ジャポンは、この双方向の視点をコンセプトに、フランスの週刊誌「クーリエ・アンテルナショナル」と提携。全世界で1500を超える新聞・雑誌から記事を選び、毎月10日にお届けします。

フランスという国には、世界の多様性を大切にする文化があります。
そんなフランスで、25万部という発行部数を誇る人気雑誌が「クーリエ・アンテルナショナル」。
日本版の「クーリエ・ジャポン」は、世界各国のメディアから最良の記事をピックアップするという編集コンセプトはそのままに、独自の記事セレクションを行っています。
正真正銘のグローバル・マガジン、ぜひご一読を!
------

色んなニュースが他の国の目線から書かれているのがとても興味深いです。
また、様々な国の情報を比較してあるコラム欄もあり、大変勉強になります。
例えば「25歳以下の失業率がもっとも高い先進国は?A.ドイツ B.フランス C.米国 D.スペイン」
正解は記事の最後にお届けします。


次の、ITライフということでツイッターに関する記事があり応募したのですが、個人的に一番気に入った記事は「『週35時間労働』のツケを払わされるフランス人」という記事です。

世界では、日本人のような勤勉さは馬鹿にされているんだと思っていました。
オランダやフランスのように、のんびり生活を楽しむために働き、ワークライフバランスが重視されていることがいいのだと・・・
ところが、今のフランスは政府をあげて、「もっと働き、もっと稼ごう」と推進しているのです。
残業をさせやすいように法律を改正しているのだとか・・・
一度楽を覚えると、なかなかもとには戻れなくて困っているようですよ。

ちなみにこの記事は「インディペンデント」というイギリスの雑誌からの翻訳・編集記事でした。


「世界が見たNIPPON」というコーナーでは、各国の雑誌や新聞が日本について書いている記事が特集されています。
この中から明るい話題を一つ。

「日本の隠れた中堅企業は世界シェアを独占し続けるか」by THE ECONOMIST エコノミスト (イギリス)

電機、エンジニアリング、材料科学などのハイテク分野では、日本の中堅企業がシェアを独占していたり、かなり高いシェアを誇っているものがある。
不景気でも地力というか、底力というか、そういうものがあるというのは強いんだなと実感させてくれる記事です。
これは、会社だけじゃなくて、人の生活にもいえることだなって思いました。

韓国や台湾の台頭で追いつかれつつある分野もあるとのことですが、ポイントは付加価値と閉鎖性の克服のようです。

こういった話は、テレビ東京系列の「ガイアの夜明け」、「カンブリア宮殿」、「ワールドビジネスサテライト」などで時々とりあげられますが、このように世界から本当に注目されているんだと実感がわくと、なんだか同じ国民として誇らしく感じました。


というわけで、今回はクーリエジャポンのレビューでした。


正解:D.スペイン
[ 2010/01/20 ] | | CM(0) | TB(0)

パスファインダー 道なき道を切り拓く先駆者たれ!!大前研一


4930774497大前研一通信特別保存版PartIII パスファインダー <道なき道を切り拓く先駆者たれ!!>
ビジネス・ブレークスルー出版事務局
ビジネス・ブレークスルー出版 2009-12-04

by G-Tools


またまた、レビュープラス様より献本していただきました。

通信大学に在籍しているもの(ほとんどレポート書いてないけど…)としては、とっても気になるお話が詰まった本。
著者の大前研一さんは、ビジネス・ブレークスルー大学院大学の学長であり、2010年4月開学予定の、ビジネス・ブレークスルー大学の学長に就任が予定されている方です。
この大学は、うらやましいことに、一切通学が必要なく、インターネットと自宅学習で卒業ができる大学です。

本の中身は、そんな大学の学長の、色々なことに触れた珠玉の言葉の数々が詰まっています。
一つ一つは短いのですが、ぎゅっとつまっていて、とても重く感じます。

政治・経済問題はもちろん、私が一番考えさせられたのは、「親」論でした。
一児の母になって一年。
今はかわいいかわいいですが、自立させるためにはどういうことを考えなくちゃいけないとか、身につまされました。
また、この大前先生の言葉は、どれも色んなことに通じる深い言葉なので、何かしら得るものがあると思います。

年末のこの時期に読むことができて良かったと思っています。
来年の、目標というか、心の持ち方をきちんと考えることができました。

自分の人生についてしっかり考えたいというあなたに、お勧めの一冊です。
たくさんのヒントをもらってください。
[ 2009/12/21 ] | | CM(0) | TB(0)
プロフィール

  • Author:フリッパー
  • 大学の通信学部で社会福祉を勉強しています。

    現在は休学中です。

    趣味は映画鑑賞、懸賞、プランター菜園etc・・・
    詳しくはコチラ

    よく使う参考文献などは私の本棚にあります。探検に来てください。

    どうぞよろしくお願いします^^

    にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

ブログ内検索

スクーリングの予約

楽天トラベルへのリンクです。

最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

季節のギフト

リンク

同志たちの活躍

トラックバックピープル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。